スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

睦月朔日

 今日は、月の暦で睦月(一月)の一日。元旦です。地球にいる私達から、月、太陽と一直線に並んでいることになります。南半球では、月の周りに光の環が見える金環日食が見られるそうです。いつもなら太陽に照らされていない陰の月を見ているわけで、真っ黒な新月ですが、今日は月の周りに太陽の光が見えるんですね。数年に1回の特別な新月ともいえますね。そんな今日が、新年元旦・睦月朔日だと思うと、自然や地球、遠くは宇宙のリズムや、命の証でもある呼吸みたいなものの神秘を意識できたり、何気なく生きている自分のことさえも、神秘の一つなんだと感じられたりするから、不思議です。

 そして今日はもう一つ、私にとっての意味ある日、なんです。古代マヤ人たちが使っていた暦の一つに、13×20=260日というリズムを持った「ツォルキン」という暦があるんですが、それを現在使われているグレゴリオ暦という(自然のサイクルと何の関係もない数字の羅列ともいえる)暦に対応させた「13の月の暦」というものがあります。私のいわゆる(グレゴリオ暦の)誕生日から出したツォルキンの誕生日が、今日(kin250)なのです。そして、「13の月の暦」では、今日は「銀河の月(8番目の月)」の「1日」でもあります。月の暦と13の月の暦。宇宙のサイクルに沿った二つの暦で、「1日」が重なります。こんな日に誕生日って!と嬉しくなる単純な私。

 広い広い宇宙。その中にある太陽系という星の集まりの中にいる私達の惑星。宇宙に浮かぶ真一文字に並ぶ太陽・月・地球。空。自分の足元。球体。…内側や外側、その間、上、下、右、左、あるもの、ないもの、見えるもの、見えないもの、いろんなことを感じることが出来る私達。人間という地球上唯一思考を持つ生物である私達。意識という宇宙のように広い内なる世界を持つ私達。

 今日は意図的に、いきとしいけるもの全てに感謝しながら過ごす朔日にするつもりです。おやすみなさい。
 

テーマ : モノの見方、考え方。
ジャンル : 心と身体

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

nakka

Author:nakka
ご訪問ありがとうございます。

一児の母をしながら、主婦・絵描き・カラーセラピーをしていこうと手探りしながらやってみましたが、心の病気になり、お休みしています。唯一主婦業はペースに気をつけながらやっているところです。

直感的に色を選んで描く色遊びを「天使のらくがき」と名付け、それをウェブ上に載せる目的で始めたブログでしたが、今は、日々の出来事や、思ったり、考えたり、感じたりしたことなどを綴っています。方向性が定まらず、気の向くままなところが「らくがき」みたい、ということで、のんびり続けていけたらと思います。


※ブログ内のメールフォームで頂いた内容につきましては、4~5日中にお返事いたします。万が一返信がない場合は、ブログの記事にコメント(非公開にすることが出来ます)をお願いします。

※ブログ内の文章や作品、データ等を無断で転記・転載・無断使用しないでください。

■英国オーラソーマ社認定 レベル3プラクティショナー
■色彩学校「絵の読み解き認定」2級

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

星が見える名言集100
RSSフィード
QRコード
QR
過去の記事
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。