スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

境界線

Scan10200m.jpg



私の境界線はどこ?

私という体を持った人間であるときもあれば、家庭や会社などの組織であるときもあり、地球が私だと思えることもあるし、ふるさとが私のように思える時もある。私の体に傷がつくと痛いと思ってるけど、私の一部である爪や髪は切っても痛くなくて、あっさりと私だったものが私でなくなる。私を動かすことを指令しているのが脳とか言われると、私は脳なのか?なんて思ったりもする。眠っている間なんか、私はどこにいるのか、自分で確かめることも出来ない。(しようとも思わないんだからますますしょうがないんだけど。)私が直接体験した出来事ではないことを、何かから見たり聞いたりして、私のことのように思ったりすることもあるし、鏡の中に映し出される私の姿が私だと疑いもせず、信じているかどうかさえ意識することない、そんな私が、今朝も鏡に映し出されていた。

ある時、ふと気が付くと、自分の境界線を懸命に狭く小さくして、誰もが持っているその力を小さく小さくしまいこんでしまう私がいたりする。私の境界線がどこかさえ、曖昧で、移ろいやすく、わからないままだというのに、自分の境界線をコントロールしていると思っているんだから、全く私って自分勝手。でも、その原因が何かを知ろうとすると、何かから自分を守ろうとしてきた多感な時期に身につけた習慣が関係しているのではないか、という氣がする。…少なくとも、私というたった一人の例でしかないけれど。

そんなことを思ったり考えたり、してもしなくても、私は現に、ここにいて、いろんな力を借りて、生きている。それは私の境界線がどこにあろうとも、変わらないこと。いろんな力のお陰で生きている。境界線が変われば、いろんな力は私の一部だ、ということにもなる。そう思うと、私の力はなんて偉大なんだろう。果てしなく広い世界と同じだなんて。今朝も空の青さや、道端でアスファルトを割って咲くタンポポを見て、力をいっぱいもらった。気候とシンクロして、自然に芽吹く木々の芽や色とりどりの花や新緑のように美しく、満ち引きを繰り返しながら絶え間なく波打つ海のような力強い力が、私そのもの。みんなが同じようにその偉大な力だとしたら、それだけで、既に足りているんじゃないかな。何をそんなに、あれもこれもって、求めるものがあるのかな?人に必要なものって、実はそんなにたくさんないんじゃないのかな。

何かを求めることを否定するわけじゃない。だけど、誰かが「いい」っていうものが、すべての人にとって「いい」とは限らないし、「いい」も「悪い」もすべてが等しい。どちらが優れていて、どちらが劣っているというものではない、ということを忘れずに居続けられる、しなやかな強さが、誰もに必要で、足りないものなのかもしれない。という私が、一番求めているものが、それ、なんだけど。



作品についてはこちらをどうぞ。http://sprismic.blog92.fc2.com/blog-entry-4.html

テーマ : モノの見方、考え方。
ジャンル : 心と身体

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

nakka

Author:nakka
ご訪問ありがとうございます。

一児の母をしながら、主婦・絵描き・カラーセラピーをしていこうと手探りしながらやってみましたが、心の病気になり、お休みしています。唯一主婦業はペースに気をつけながらやっているところです。

直感的に色を選んで描く色遊びを「天使のらくがき」と名付け、それをウェブ上に載せる目的で始めたブログでしたが、今は、日々の出来事や、思ったり、考えたり、感じたりしたことなどを綴っています。方向性が定まらず、気の向くままなところが「らくがき」みたい、ということで、のんびり続けていけたらと思います。


※ブログ内のメールフォームで頂いた内容につきましては、4~5日中にお返事いたします。万が一返信がない場合は、ブログの記事にコメント(非公開にすることが出来ます)をお願いします。

※ブログ内の文章や作品、データ等を無断で転記・転載・無断使用しないでください。

■英国オーラソーマ社認定 レベル3プラクティショナー
■色彩学校「絵の読み解き認定」2級

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

星が見える名言集100
RSSフィード
QRコード
QR
過去の記事
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。