スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メッセージ

 「希望のたまご」でメッセージを集めている中で、ある友人がこんなことをメールしてくれた。「「頑張って」という言葉が被災者には負担になると(悲惨な状況に置かれ、生きていくだけでも大変なのに、これ以上どう頑張れというの?ということなんです)問題になったこともありました。」友人は阪神淡路大震災を経験しています。だからこその苦渋の想い。確かに、何が被災者の皆さんにとってよいものか。被災していない私のような者にしてみれば、想像でしかない。それでも、何かしたい。わがままかもしれないけど、想いは想いとしてある。だからメッセージを集めようって思った。でも支援は適時に適切なことをしなければならないように、被災された方々へ向けての言葉も、実は難しい。そのことを改めて痛感しました。
 友人からのメールの最後は、「プロジェクトは素晴らしいと思います。頑張ってあげて下さい!!」と締めくくられていました。私は、細やかな考えや想いに対する敬意と感謝の気持ちを返信しました。
 被災地の人のココロをほんの一瞬でもホッとさせたり、ニコッと微笑んだり、我慢してる涙を自然と流すことができたり、緊張と疲れで一杯の身体とココロを緩めるような、そんなことがしたいんだと気づかされました。出来ているのか…それは実際被災地に行き手に取った方のことを1人1人確かめることはできない。そして、実際被災地へ赴き(中には命がけで)活動されている方と比べたら、ホントにちっぽけ。だけど、メッセージが集まってくるにつけ、被災地の皆さんのことを想っている方、そして、沢山の想いがあることがわかってきます。

 prayforjapan.jp
 ここは有志数名の方が作られたサイトで、国内・海外から寄せられたtwitterによる被災者への応援メッセージが集められています。この瞬間にも刻々と沢山のつぶやきがやってきています。その中でも、心に残るつぶやきがまとめられたところが、とても、とても、心にしみました。心にしみることって、力になりますよね。少しでも多くの方に触れてもらいたいメッセージだったので、リンクを貼っておきます。


■ Comment

非公開コメント

プロフィール

nakka

Author:nakka
ご訪問ありがとうございます。

一児の母をしながら、主婦・絵描き・カラーセラピーをしていこうと手探りしながらやってみましたが、心の病気になり、お休みしています。唯一主婦業はペースに気をつけながらやっているところです。

直感的に色を選んで描く色遊びを「天使のらくがき」と名付け、それをウェブ上に載せる目的で始めたブログでしたが、今は、日々の出来事や、思ったり、考えたり、感じたりしたことなどを綴っています。方向性が定まらず、気の向くままなところが「らくがき」みたい、ということで、のんびり続けていけたらと思います。


※ブログ内のメールフォームで頂いた内容につきましては、4~5日中にお返事いたします。万が一返信がない場合は、ブログの記事にコメント(非公開にすることが出来ます)をお願いします。

※ブログ内の文章や作品、データ等を無断で転記・転載・無断使用しないでください。

■英国オーラソーマ社認定 レベル3プラクティショナー
■色彩学校「絵の読み解き認定」2級

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

星が見える名言集100
RSSフィード
QRコード
QR
過去の記事
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。