スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何も無い事

Scan10172m.jpg

作品についてはこちらをどうぞ。http://sprismic.blog92.fc2.com/blog-entry-4.html


昨日は、自分ではどうすることも出来ないことが起こりました。
昨日、能登半島沖であった地震。石川県に住んでいて、家は大きな被害があった地域からは離れていて、被害はなく、無事に今、こうして、ブログの更新が出来てるけど、家では大きな揺れはあり、高いところにあったものが少し落ちるなどしました。

地震とは、地面が動いたということ。いつもは動くはずがないと思って(さえもいないぐらいの「当然さ」で)生きてるから、いつもにない地面や家の揺れにはびっくりしました。いつも動くと思って生きてたら、驚くこともないのかもしれないけど。地球も生きているわけだし、しかも日本は、地面のプレートがいくつも集まっている場所のようで。だから地面が動きやすい場所でもあるんです。動くかも知れないと思って生きてた方が、動揺が少なくて済むのかも?

動物は「命を守ろう」とする本能が備わっていて、命を奪われる可能性のある危険だと察知するっていいますよね。人間も同じなんだけど、人間ってつい、自分が動物だってことを忘れがちじゃないですか?息子(3歳)も、昨日の大きな揺れを体験した時には、親にしがみついて、揺れがおさまった後も、しばらくそのままでした。その後ようやく口にした言葉が「ジシンッテ、コワイネ」。身体や心、魂、あらゆるレベルで感じたんでしょうね。口で説明しなくても、しっかり怖さを感じてました。

普通の暮らしをする人たちが、一瞬にして「被災者」になり、普段の暮らしを失ってしまった。「無事でよかった!」と大切な人や自分の身の安全を確認して思うと同時に、離れて暮らす仲間や友人から、無事を案じていただき、本当にありがたかったです。

無事って、何も「無」い「事」。普通に暮らしていると、つい「何も無いのって、なんかつまんない」なんて、安易に刺激や新鮮さを求める世界もあるんだけど、実は何も無くてもそれでよくて、何事も無く、いつもどおりに暮らせてることが、「よかった!」って言える程の価値あることなんだなぁって思いました。

被災者の方々の状況に胸を痛めつつ、今もまだ余震が続いていて、つい今も揺れたんですが、少しでも早く揺れがおさまる事、そして、被害が最小限にとどまる事を祈ります。

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

nakka

Author:nakka
ご訪問ありがとうございます。

一児の母をしながら、主婦・絵描き・カラーセラピーをしていこうと手探りしながらやってみましたが、心の病気になり、お休みしています。唯一主婦業はペースに気をつけながらやっているところです。

直感的に色を選んで描く色遊びを「天使のらくがき」と名付け、それをウェブ上に載せる目的で始めたブログでしたが、今は、日々の出来事や、思ったり、考えたり、感じたりしたことなどを綴っています。方向性が定まらず、気の向くままなところが「らくがき」みたい、ということで、のんびり続けていけたらと思います。


※ブログ内のメールフォームで頂いた内容につきましては、4~5日中にお返事いたします。万が一返信がない場合は、ブログの記事にコメント(非公開にすることが出来ます)をお願いします。

※ブログ内の文章や作品、データ等を無断で転記・転載・無断使用しないでください。

■英国オーラソーマ社認定 レベル3プラクティショナー
■色彩学校「絵の読み解き認定」2級

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

星が見える名言集100
RSSフィード
QRコード
QR
過去の記事
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。