スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記念写真

 もう一ヶ月以上前のことですが、息子の小学校入学の記念写真を写真家の桝野正博さんに撮っていただきました。今春の変わり過ぎとも思える天候の中、撮影日はぽかぽか陽気に恵まれて、撮影ものどかで愉しいひとときでした。撮影後、桝野さんからブログにその時の写真を載せたとの連絡を頂き、すぐに拝見。そこにあったのは、モノクロームの写真でした。あの日の温かで愉しい空気や時間を語るようなまばゆい色が白黒に。人ってあったはずのものがなくなると、それを取り戻そうとか呼び戻そうとかする本能があるのかな。白黒の写真を見ていたら、静かな中から平常心とは異なる感覚が湧いてくるようでした。それからしばらくして受け取った、ビックリする程沢山のカラー写真のデータから3枚選び、アルバムにしていただきました。いつ見ても心も顔も笑顔になっちゃう素敵なアルバム。だけど、モノクロームの写真を思い出すと、“過去を思い出し、心を新たにするためのもの”としての記念写真というより、今をより深く見るためのもののような気がしてきます。「写真とは、シャッターを押すだけではけして撮れないものだった」とは桝野さんの言葉ですが、写真を見る度に、家族を通してどこかが疼くように何かを想い巡らせてしまいたくなる、そんな記念写真を撮っていただきました。本当にありがとうございました。今、モノクロームとは対照的に、色とりどりの道具に囲まれ制作中。写真ではないけど、友人の記念の絵です。

 kazesan3「あきおくん」→


 CA3C0903-pola.jpg



■ Comment

非公開コメント

プロフィール

nakka

Author:nakka
ご訪問ありがとうございます。

一児の母をしながら、主婦・絵描き・カラーセラピーをしていこうと手探りしながらやってみましたが、心の病気になり、お休みしています。唯一主婦業はペースに気をつけながらやっているところです。

直感的に色を選んで描く色遊びを「天使のらくがき」と名付け、それをウェブ上に載せる目的で始めたブログでしたが、今は、日々の出来事や、思ったり、考えたり、感じたりしたことなどを綴っています。方向性が定まらず、気の向くままなところが「らくがき」みたい、ということで、のんびり続けていけたらと思います。


※ブログ内のメールフォームで頂いた内容につきましては、4~5日中にお返事いたします。万が一返信がない場合は、ブログの記事にコメント(非公開にすることが出来ます)をお願いします。

※ブログ内の文章や作品、データ等を無断で転記・転載・無断使用しないでください。

■英国オーラソーマ社認定 レベル3プラクティショナー
■色彩学校「絵の読み解き認定」2級

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

星が見える名言集100
RSSフィード
QRコード
QR
過去の記事
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。