スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

師走朔日・日食

 今日は夕方、日本の関東から南で部分日食が観測できたようです。アフリカとアジアの一部では金環日食が。そして今日は師走朔日、新月でもありました。

 時事ドットコムより→ 欠けたまま海に沈む太陽
 AFPBB Newsより→ ケニアの湖にうつった金環日食

 ところで、月暦(旧暦)ではようやく「師走入り」。そして、2010年1月は、1日と30日の二回、満月が見られます。二回目の満月を「ブルームーン」って言うんだそうです。知らなかった~。ついでにいうと、今年は2月に満月が一回も見られず、3月は再度、二回満月が見られる日があるらしい。なんでと言われたら私の頭は「???」となるのが残念ですが、「見られる/見られない」ってことは記憶できるので、覚えときます。


 「ブルームーン」について気になって、記事をアップしてから、もう少し調べてみたので、追記します。

 3年~5年周期で起こり、大抵は一年間で一回観られるもののようです。今年のように、年に二回ブルームーンが観られるのは、19年に一度のことなのだそうです。この言葉の由来は諸説あって、「2つの満月」=「ダブルムーン(double moon)が「ブルームーン(the blue moon)」へと濁っていったとする説などありました。また、天文用語には存在しないみたいでした。そして、ブルームーンはその稀さや神秘性から幸運の象徴になっていたり、ブルームーンを観る事が出来た人は幸せになれるという言い伝えも多数あるみたいでした。

 ちょっと特別な月…と思うだけでも、何だか楽しみ。元旦の満月は観れなかったから、30日の満月は観れたらいいなあ。



■ Comment

非公開コメント

プロフィール

nakka

Author:nakka
ご訪問ありがとうございます。

一児の母をしながら、主婦・絵描き・カラーセラピーをしていこうと手探りしながらやってみましたが、心の病気になり、お休みしています。唯一主婦業はペースに気をつけながらやっているところです。

直感的に色を選んで描く色遊びを「天使のらくがき」と名付け、それをウェブ上に載せる目的で始めたブログでしたが、今は、日々の出来事や、思ったり、考えたり、感じたりしたことなどを綴っています。方向性が定まらず、気の向くままなところが「らくがき」みたい、ということで、のんびり続けていけたらと思います。


※ブログ内のメールフォームで頂いた内容につきましては、4~5日中にお返事いたします。万が一返信がない場合は、ブログの記事にコメント(非公開にすることが出来ます)をお願いします。

※ブログ内の文章や作品、データ等を無断で転記・転載・無断使用しないでください。

■英国オーラソーマ社認定 レベル3プラクティショナー
■色彩学校「絵の読み解き認定」2級

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

星が見える名言集100
RSSフィード
QRコード
QR
過去の記事
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。