スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前に進む前

 冷たさも強さもものすごい風で、我が家の窓はガタガタ音をたててます。石川県、冷えてます。ブルル~。

 昨日は息子(5歳10ヶ月。先日スキー初体験。)のアトリエでした。冬休み中、家でクリスマスツリーや某家電店を真似て作ったりと、観察眼と集中力を発揮して黙々と工作していることが多く、昨日も「○○○(某家電店)の続きを作るー!」と意気込んで出かけたんですが、何をしてきたかというと、色水遊び。まず粘土を水で溶かしてくちゃくちゃと手でこねて、水にその手と粘土を浸して絵の具と混ぜて色水作り。何を作るでもなく、感触を楽しんできたのでした。あれだけ「続きを作るんだ!」と意気込んでたのは、何だったんだろう?と、母は若干拍子抜け。

 しかし、先生にお話を伺うと、「4月から小学校へ進学することへの期待や意欲の高まりと同時に、過去(幼かった頃)の体験を振り返り、懐かしんでいたんでしょうね」とのこと。しかも、アトリエに通いながら進学していった子ども達は、このようなプロセスを必ず経ていっているのだそう。そういえば、冬休み中、息子は小さい頃に読んでた本を「もう簡単に読めるわー」なんて言いながら、次々と自分で読んで見せてくれてたけど、あれも過去への再訪だったのかな?息子は創作内容が全く自由なアトリエという環境の中で、次のステップへジャンプする前にエネルギーを蓄えるバネのように、ぐっと過去に戻ることを、無意識のうちに選びとっていたわけです。確かに、前に進む前って、誰でもエネルギーがいるものね。子どもだって、大人だって、同じだよなあと思い、子どもという存在に力づけられたようでした。

 本当にアトリエに通えば通う程、創作活動が心のバランスを取ってくれたり、自分で自分を癒したり、力づけたりする行為なんだと実感させられます。その証拠に、息子にとってアトリエは、どんなに機嫌が悪くても「行きたい!」というお気に入り。私も息子のアトリエでの制作を通じて彼の心の声が聴けるので、日常に活かすことが出来て心強いです。そんなアトリエは、子どものアトリエ・アートランドの提携アトリエ「アトリエPifca」さんです。今年も親子共々、お世話になります!


■ Comment

非公開コメント

プロフィール

nakka

Author:nakka
ご訪問ありがとうございます。

一児の母をしながら、主婦・絵描き・カラーセラピーをしていこうと手探りしながらやってみましたが、心の病気になり、お休みしています。唯一主婦業はペースに気をつけながらやっているところです。

直感的に色を選んで描く色遊びを「天使のらくがき」と名付け、それをウェブ上に載せる目的で始めたブログでしたが、今は、日々の出来事や、思ったり、考えたり、感じたりしたことなどを綴っています。方向性が定まらず、気の向くままなところが「らくがき」みたい、ということで、のんびり続けていけたらと思います。


※ブログ内のメールフォームで頂いた内容につきましては、4~5日中にお返事いたします。万が一返信がない場合は、ブログの記事にコメント(非公開にすることが出来ます)をお願いします。

※ブログ内の文章や作品、データ等を無断で転記・転載・無断使用しないでください。

■英国オーラソーマ社認定 レベル3プラクティショナー
■色彩学校「絵の読み解き認定」2級

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

星が見える名言集100
RSSフィード
QRコード
QR
過去の記事
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。