スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月と蟹

 今日、西に太陽が沈む頃、車を運転していたら、東の空にまんまるなお月さまが。まだ淡いブルーの空に浮かぶ白いお月さまは、雲のようにふんわりとしていました。同じ車に乗っていた息子に「月が見えるよ」と教えたら、「蟹が見えたよ!」と返事が返ってきました。「ウサギじゃなくて、蟹なんだ」と思ったんだけれど、蟹と月といえば、星占いでは蟹座の守護星が月だったことを思い出しました。

 地球の周りを回りながら満ち欠けを繰り返す月は、「女性」と関わりが深いとか、「母親」を示すとか、「自分では気付かないような自分自身」、例えば「クセ」や「体質」「好き嫌い」「感情」「思考では制御出来ない心」などを意味するとも言われているようです。そして、月は海ともつながりが。それは月が満ち欠けするように、海には潮の干満があり、塩水を身体に持ちつつ生きている私たちにはバイオリズムという波がある。そして蟹は水を甲羅の中に抱えながら生きていて、水は星占いでは「感情」の象徴で、月と意味が重なる。つながるシンボル。不思議さにちょっと刺激される。

 そういえば、今日は仲秋の名月でした。明日は満月。満月の前だからか、あるいは明日に控えたイベント前だからか、珍しく目が冴えている。これも月の仕業かしら。そろそろ日付も変わるので、月明かりに照らされながら、穏やかな呼吸の波と共に眠ろう。おやすみなさい。


■ Comment

非公開コメント

プロフィール

nakka

Author:nakka
ご訪問ありがとうございます。

一児の母をしながら、主婦・絵描き・カラーセラピーをしていこうと手探りしながらやってみましたが、心の病気になり、お休みしています。唯一主婦業はペースに気をつけながらやっているところです。

直感的に色を選んで描く色遊びを「天使のらくがき」と名付け、それをウェブ上に載せる目的で始めたブログでしたが、今は、日々の出来事や、思ったり、考えたり、感じたりしたことなどを綴っています。方向性が定まらず、気の向くままなところが「らくがき」みたい、ということで、のんびり続けていけたらと思います。


※ブログ内のメールフォームで頂いた内容につきましては、4~5日中にお返事いたします。万が一返信がない場合は、ブログの記事にコメント(非公開にすることが出来ます)をお願いします。

※ブログ内の文章や作品、データ等を無断で転記・転載・無断使用しないでください。

■英国オーラソーマ社認定 レベル3プラクティショナー
■色彩学校「絵の読み解き認定」2級

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

星が見える名言集100
RSSフィード
QRコード
QR
過去の記事
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。