スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・8月30日

 前に、衆院選と同日に行われる最高裁判官の国民審査について書きました(8月30日)が、新聞を見ても、名前と経歴と裁判の記録(しかもほんのちょっぴり)だけが並んでて、これのどこを判断基準に?と、腑に落ちないどころか、謎が深まるばかり…。「こだわり過ぎ?」と思ってる私もいるんだけれど、「「よくわからない」まま置いておくのが気持ち悪い」「本当の事を知りたい」という思いもあって。そしたら、こんなサイトに辿り着きました。

 「忘れられた一票 2009★最高裁判所 裁判官 国民審査 判断資料

 司法フリーライターの長嶺超輝さんが、執筆の本業の傍ら、ボランティアでまとめた資料だそうです。いくつかの政治的・思想的な立場や考え方に該当する最高裁判官を3つの「×レベル」に分けてあります。勉強してもさっぱりわからない司法ド素人の私でもわかりやすくて、国民審査に行く前に役に立ちそうだと思いました。

 サイトには「国民審査をキッチリ機能させたい」という思いが書かれていました。長嶺さんのプロフィールやコメントのやり取りなどを読んで、私みたいな一般人の「法律とか司法とかよくわからないけど、こんな風に思う」という「気持ち」と「法」を繋ぐ橋渡し的役割をされようとしているのかなと感じました。おかげさまで、今回の国民審査は「「よくわからない」から「×」をつけない」という態度から、少し向きを変えられそうです。

 誰かに「×」をつけるか、全員「×」マークなしか。(「○」をつけたら無効なのです。)

 明日か明後日には期日前投票に行くので、参考にさせてもらおうと思っています。この記事を読んで気になったようでしたら、是非一度、ご覧になってみてくださいね。

 

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

nakka

Author:nakka
ご訪問ありがとうございます。

一児の母をしながら、主婦・絵描き・カラーセラピーをしていこうと手探りしながらやってみましたが、心の病気になり、お休みしています。唯一主婦業はペースに気をつけながらやっているところです。

直感的に色を選んで描く色遊びを「天使のらくがき」と名付け、それをウェブ上に載せる目的で始めたブログでしたが、今は、日々の出来事や、思ったり、考えたり、感じたりしたことなどを綴っています。方向性が定まらず、気の向くままなところが「らくがき」みたい、ということで、のんびり続けていけたらと思います。


※ブログ内のメールフォームで頂いた内容につきましては、4~5日中にお返事いたします。万が一返信がない場合は、ブログの記事にコメント(非公開にすることが出来ます)をお願いします。

※ブログ内の文章や作品、データ等を無断で転記・転載・無断使用しないでください。

■英国オーラソーマ社認定 レベル3プラクティショナー
■色彩学校「絵の読み解き認定」2級

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

星が見える名言集100
RSSフィード
QRコード
QR
過去の記事
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。