スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月30日

 残暑お見舞い申し上げます。衆議院選挙がいよいよ!という雰囲気がマスコミからはぷんぷんしてますが、私の周囲はそうでもなく、残りわずかの夏休みを、日々息子(5歳6ヶ月。波が怖い。)と散歩や自転車で出かけたりしているおかげでか、毎晩あっという間に深い深い眠りの中です。

 CA3C0481-pola.jpg

 今日は、衆院選当日がやってくる前にご案内したかった話題がひとつあったので、急ぎの用事をしている合間に、かたかたとキーを叩いております。その話題とは、衆院選と同時に行われる「最高裁判所の裁判官の「国民審査」」です。まずは下のリンクをクリックしてご一読頂けたらと思います。

  「最高裁判官をあなたがチェック!!国民審査で竹内行夫にバッテンを!!
 
 最初は「…バッテンを!!」って、なんだかちょっと過激な感じがしたんですが、内容を読んでみると、「そういえば、いつだったかの選挙の時にも、最高裁判官の「国民審査」みたいなのがあったような気がするけど、適当だったなあ~」と思い出すところに始まり、「最高裁判官が決まる仕組み」や、「裁判所が、裁判官によって、憲法を守る立場にも、ないがしろにする立場にもなりうる」こと、「裁判官とある戦争との関わりについて」などなど、(私が)気になっていたんだけど、情報としてほとんど知らなかったことについて、色々と書かれていました。これはおまけですが、きちんと理解しようとしたところ、行き着いたのが、かつて習った「三権分立」について。Wikiなどで復習してみようとしたものの、結局息子のような子どもにもわかるように説明できるには程遠く…トホホのホ。

 それはさておき(ではまずいんだけど…)、平和も権力も、物質じゃないだけに(その象徴として物質が現れることもあるんだけれど)、いろんなところで見えない力が動いているんだなあ、と、読みながら思ったのでした。目に見えるものが全てじゃないし、目に見えないものが全てでもない。選挙って、それらの接合点みたいなものの一つかも知れないなあ。だから熱くなるのかも、なんちゃってねえ。

 選挙と同様、最高裁判官の国民審査も、自分の目に見えない思い・意思を反映させる大切な機会。情報を積極的に得ながらも、なんとなく感じることも忘れずに。私は選挙当日は予定があるので、近々期日前投票に行ってきます。


■ Comment

非公開コメント

プロフィール

nakka

Author:nakka
ご訪問ありがとうございます。

一児の母をしながら、主婦・絵描き・カラーセラピーをしていこうと手探りしながらやってみましたが、心の病気になり、お休みしています。唯一主婦業はペースに気をつけながらやっているところです。

直感的に色を選んで描く色遊びを「天使のらくがき」と名付け、それをウェブ上に載せる目的で始めたブログでしたが、今は、日々の出来事や、思ったり、考えたり、感じたりしたことなどを綴っています。方向性が定まらず、気の向くままなところが「らくがき」みたい、ということで、のんびり続けていけたらと思います。


※ブログ内のメールフォームで頂いた内容につきましては、4~5日中にお返事いたします。万が一返信がない場合は、ブログの記事にコメント(非公開にすることが出来ます)をお願いします。

※ブログ内の文章や作品、データ等を無断で転記・転載・無断使用しないでください。

■英国オーラソーマ社認定 レベル3プラクティショナー
■色彩学校「絵の読み解き認定」2級

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

星が見える名言集100
RSSフィード
QRコード
QR
過去の記事
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。