スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一つの船

 数日前のこと。夜中に突然目が覚めて、眠れず。ストーブで暖を取ろうと居間へ行き、テレビをつけると、ベネツィアの風景が映し出されていました。海上都市として発展を遂げ、今では世界遺産にも登録されて、観光地としても名高いベネツィアが、どのように貿易・商業の拠点として発展し、大都市となったのかを丁寧にレポートしていく番組でした。その中で、ベネツィアに住む人が話していたことが、とても心に響いて、大袈裟にいうなら、私にこのことを伝えたかったんじゃないのかしら?と思ったぐらい、インパクトがあった言葉がありました。

 それは、

 「皆が一つの船に乗っている」

 という意識。

 海上都市、商業都市、貿易都市として隆盛を極めていた頃のベネツィア人に共通していたのが、「皆が一つの船に乗っている」という意識でした。自分だけが抜きん出ようと不正を行ったりすることが固く禁じられていました。そして、お互いに繁栄することが、ベネツィアを繁栄させ、そして守るために必要だと、商人たちは同じぐらいの大きさの屋敷を構えるなど、様々な工夫を凝らしていたんだそうです。

 時代も状況も、今の私がいる環境とは全然違うんだけど、「皆が一つの船に乗っている」という見方でいろんなグループや共同体を見てみると、あらゆる立場の人たちの行動や言動が、本当にこれでいいのかしら?と思えてくるような気がしました。「調和」と「協調」につながるものが「一つの船」の意識の中にあるように感じた真夜中の目覚めでした。




■ Comment

非公開コメント

プロフィール

nakka

Author:nakka
ご訪問ありがとうございます。

一児の母をしながら、主婦・絵描き・カラーセラピーをしていこうと手探りしながらやってみましたが、心の病気になり、お休みしています。唯一主婦業はペースに気をつけながらやっているところです。

直感的に色を選んで描く色遊びを「天使のらくがき」と名付け、それをウェブ上に載せる目的で始めたブログでしたが、今は、日々の出来事や、思ったり、考えたり、感じたりしたことなどを綴っています。方向性が定まらず、気の向くままなところが「らくがき」みたい、ということで、のんびり続けていけたらと思います。


※ブログ内のメールフォームで頂いた内容につきましては、4~5日中にお返事いたします。万が一返信がない場合は、ブログの記事にコメント(非公開にすることが出来ます)をお願いします。

※ブログ内の文章や作品、データ等を無断で転記・転載・無断使用しないでください。

■英国オーラソーマ社認定 レベル3プラクティショナー
■色彩学校「絵の読み解き認定」2級

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

星が見える名言集100
RSSフィード
QRコード
QR
過去の記事
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。