スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

端午の節句

 昨日は6月8日でしたが、月暦(現在は一般的に旧暦と言われていますが)では、5月5日。端午の節句でした。当初の端午の節句は、こどもの日でも、男の子の健やかな成長を祝う日でもなかったみたいですが、「5月5日=男の子の節句」という慣習に長年慣れ親しんできた私は、今回、息子の五月人形を6月8日まで出しておくことを心に決めていました。今の暦と月暦が入り混じった私そのものが現れた、意味があるようなないようなささやかな決心なんですがね。それで昨日は、その決心に従うべく(というほど大げさではないんだけど)、息子と五月人形を片付けました。

 その日は夕飯後、私の友人が夫に超音波の体験をしてくれるということで、家に来てもらっていました。夫は近頃、休日返上で仕事と仕事以外の仕事(謎)をして疲労困憊のご様子だったので、何か施してあげられたら…と思っていたところ、数日前に友人からのありがたい申し出が。それを聞いていた夫は一昨日突然お願いしたいと言ってきて、前日で大丈夫かと思いつつも、声をかけたらなんとまあ実現したという次第。(突然の申し出、しかも休日の夕飯時に来てくれた友に感謝!)

 夫が疲れた身体を丸太のようにゴロリと横にして、腕や足にじっくり超音波を受けている傍らで、私と息子は後片付けスタート。我が家の五月人形、これが逸品なのです!

 小黒三郎さん作の円武者三段飾りは、息子が生まれて五月人形を買う際、クレヨンハウスの通販で見つけて一目ぼれしたもの。丸型の三段ある重箱の中には、一枚板を糸ノコで切って作られた組み木がきれいに収まっています。その木片を、雛壇に並べて飾ります。全体の大きさはそれほど大きくなく、収納した時もとてもコンパクト。材料は雛壇も含めて木と布だけでできていて、人にも地球にも安全・安心。そして、子どもも大人も、組み立てたり、出し入れしたり、普通に積み木として遊んだり、とにかく組み木に触れると夢中になってしまうのです。もちろん、雛壇に飾った時は美しくて、木の質感もやさしいし、とても気に入っています。(小黒三郎さんの組み木や木のおもちゃ、他にもいろいろあります。→遊プラン

 …五月人形自慢はこのあたりにして。息子はじっと横になっている夫の傍らを行ったりきたりしながら、木片をタッタカタッタカ持ってきて、片付けるのかと思いきや、さっきまで五月人形として立派に飾られていた木片たちを、あっさりと積み木にしてしまいました。去年は積み木にするというより、散らかして遊んでいたことを思いだし、扱いの変化に成長を垣間見たりもしつつ、重箱に収めたはずの木片を次々と取り出して好みのカッコイイ○○を夢中になって作る息子の相手をしていたら、あっという間におやすみの時間に。楽しむ息子に片づけを促し、半ば強引に仕舞って、横でじっくり超音波の施術を続けている友人とされるがままの夫を置いて、息子を寝かせました。

 端午の節句らしく過ごそうと思っていたわけではないけど、昨日は昼間に、なんと珍しい「羊の毛刈り」を体験させてもらったりもして、結果的に「父子で体験デー」の一日になったのでした。
 
 080609_0809~01

 ↑
 小さな決心の証拠。カレンダーに印をつけてました。


■ Comment

非公開コメント

プロフィール

nakka

Author:nakka
ご訪問ありがとうございます。

一児の母をしながら、主婦・絵描き・カラーセラピーをしていこうと手探りしながらやってみましたが、心の病気になり、お休みしています。唯一主婦業はペースに気をつけながらやっているところです。

直感的に色を選んで描く色遊びを「天使のらくがき」と名付け、それをウェブ上に載せる目的で始めたブログでしたが、今は、日々の出来事や、思ったり、考えたり、感じたりしたことなどを綴っています。方向性が定まらず、気の向くままなところが「らくがき」みたい、ということで、のんびり続けていけたらと思います。


※ブログ内のメールフォームで頂いた内容につきましては、4~5日中にお返事いたします。万が一返信がない場合は、ブログの記事にコメント(非公開にすることが出来ます)をお願いします。

※ブログ内の文章や作品、データ等を無断で転記・転載・無断使用しないでください。

■英国オーラソーマ社認定 レベル3プラクティショナー
■色彩学校「絵の読み解き認定」2級

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

星が見える名言集100
RSSフィード
QRコード
QR
過去の記事
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。