スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリーブ

 先日ラジオを聴いてたら、オリーブオイルの話をしてました。女性的な側面とオリーブオイルの話に、いろいろつながりがあるような気がして、思わずメモを取った私。そのメモを簡単にまとめてみました。(…つまり、単なる個人的なメモでございます。あしからず。)

 オリーブオイルというと、イタリアのイメージがモーレツに強かったのですが、一番生産量の多い国がスペイン、1人当たりの年間消費量が一番多いのはギリシャだそうです。近い国ではあるけど、私のイメージとは違ってたので、ちょっと驚き。

 それより驚いたのが、オイルの語源がオリーブであること。歴史上、人類が最初に手に入れた油がオリーブオイルであったことから、「オリーブオイル」→「オイル」になっていったみたいです。

 そんなオリーブオイル。基本的に果実を搾って作られるので「100%果汁」のようなもの。つまり、「オイル」だけど、実は「ジュース」。「ジュース」、なのに「オイル」。相反する質感なので、ちょっと混乱するのは私だけ…かな。

 そして、いろんな植物油がありますが、中でもオリーブオイルの成分組成は「母乳に近い」んだそうで、ヨーロッパでは離乳食としても使われるんだそうな。知らなかった~。しかし、どんな風に離乳食として使うんだろう?

 オリーブオイルからは離れますが、オリーブといえば、旧約聖書の『ノアの箱船』の逸話でも有名なんですね。

 …船上から放たれたハトがオリーブの枝をくわえて戻ってきた。ノアはそのオリーブの枝を見て、洪水が治まって再び地上が現れたことを知った…

 この伝説から、オリーブはハトと共に「平和」や「勇気」「希望」の象徴とされ、オリンピックのシンボルや、現在では国連の旗にも図案化されて用いられています。そういえば、もうすぐオリンピックだけど、優勝者にはオリーブの枝の冠が与えられるんだったっけ。

 オーラソーマにも「オリーブグリーン」という色があって、「女性的リーダーシップ」というキーワードがあります。男性にも女性にも存在する女性的な側面(右脳または身体の女性的な特質)を「オリーブグリーン」が示していることも、オリーブオイルの話を聞くと、何か関連あるような感じ、しませんか?

olive02.jpg

 最後におまけ。ポパイの恋人のオリーブ(知ってるかな?)、フルネームは「オリーブ・オイル」なんだって。あっ、オリーブも女性だわ。女性的側面と関係あるからかしらん?

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

nakka

Author:nakka
ご訪問ありがとうございます。

一児の母をしながら、主婦・絵描き・カラーセラピーをしていこうと手探りしながらやってみましたが、心の病気になり、お休みしています。唯一主婦業はペースに気をつけながらやっているところです。

直感的に色を選んで描く色遊びを「天使のらくがき」と名付け、それをウェブ上に載せる目的で始めたブログでしたが、今は、日々の出来事や、思ったり、考えたり、感じたりしたことなどを綴っています。方向性が定まらず、気の向くままなところが「らくがき」みたい、ということで、のんびり続けていけたらと思います。


※ブログ内のメールフォームで頂いた内容につきましては、4~5日中にお返事いたします。万が一返信がない場合は、ブログの記事にコメント(非公開にすることが出来ます)をお願いします。

※ブログ内の文章や作品、データ等を無断で転記・転載・無断使用しないでください。

■英国オーラソーマ社認定 レベル3プラクティショナー
■色彩学校「絵の読み解き認定」2級

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

星が見える名言集100
RSSフィード
QRコード
QR
過去の記事
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。