スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電話

 昼間、家にいた間にかかってきた4件の電話。すべて「セールス」でした。昼間のセールスの電話はいつものこと。「結構です」とすぐに切る時もあれば、話を聞いてみる時もあるんですが、今日は子どものフリをしてみました。子どもといっても、中学生か高校生ぐらいの設定です。

 結果。

 私の演技(?)が通用したのか、「お父さんは何時頃帰ってきますか?」「お母様はいつ頃だったらいらっしゃるかしら?」という返答が帰ってきました。

 結果はさておき、どの電話の人も皆、「夜にまたかけ直します。」と言っていたのに、夜は全く電話は鳴らず。

 電話に出た私も適当だったけど、電話をかけてきた人もまた適当だった、ということ?

 電話をかけるのはお仕事なんだろうけど、真剣なのかそうでないのか、何のための電話なのか、電話に出る側の気持ちや、電話そのもののエネルギーや、いろんなレベルでこのやり取りを思うと、おかしなやり取りだと思えてくる。

 当たり前になってしまうと、ありがたみを忘れてしまうんだなあ。

 電話も、出来た当初は貴重で簡単に使えないもので、使うこと自体感動だったろうに、当たり前になると、当初の感動がなくなって、当たり前になってしまう。当たり前って、過去には当たり前でなかったことばかりなのに。電話に限らず、何でもそうだけど。

 隠された何かがあると、知りたいと思い、引き寄せられる。

 知ったつもりでいるだけなのかも。電話のことでも、他のあらゆることでも、既に周囲や手中にあるいろんなモノやコトについて。

 

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

■ Comment

非公開コメント

プロフィール

nakka

Author:nakka
ご訪問ありがとうございます。

一児の母をしながら、主婦・絵描き・カラーセラピーをしていこうと手探りしながらやってみましたが、心の病気になり、お休みしています。唯一主婦業はペースに気をつけながらやっているところです。

直感的に色を選んで描く色遊びを「天使のらくがき」と名付け、それをウェブ上に載せる目的で始めたブログでしたが、今は、日々の出来事や、思ったり、考えたり、感じたりしたことなどを綴っています。方向性が定まらず、気の向くままなところが「らくがき」みたい、ということで、のんびり続けていけたらと思います。


※ブログ内のメールフォームで頂いた内容につきましては、4~5日中にお返事いたします。万が一返信がない場合は、ブログの記事にコメント(非公開にすることが出来ます)をお願いします。

※ブログ内の文章や作品、データ等を無断で転記・転載・無断使用しないでください。

■英国オーラソーマ社認定 レベル3プラクティショナー
■色彩学校「絵の読み解き認定」2級

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

星が見える名言集100
RSSフィード
QRコード
QR
過去の記事
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。