スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

now and here

 息子が3歳だった頃、このブログに記事として取り上げた「あなたが世界を変える日」。検索するとヒットするのか、時々この密かなブログに訪れて読んで下さったどなたかが、拍手ボタンなるものをポチッと押して下さいます。昨日、どなたかが拍手ボタンを押して下さり、またセヴァンさんのスピーチを読みました。ブログに記事を書いてから4年が過ぎていました。今起こっている原発問題。家族のこと。そして、自分。果たして、優しさや愛情を与えられているのだろうか?自分ばかり愛してほしい。自分ばかり楽がしたい。自分の思い通りにしたい。欲張り。強欲。自分のものを手放せない。分け与えられない。分け与えることの幸せを感じられない。これらのことは、誰でも少しは思うことなのかもしれないけど、今ここにいる私はそんなことを強く感じるのでした。


スポンサーサイト

立秋過ぎて

 一年を時計に喩えると、夏至が正午で、立秋は午後一時半ぐらい。だから、秋といってもこんなに暑いのですね。家も太陽の熱で中までほっかほかです。ほっかほかって、今一番魅力を感じない時なんでしょうけど、暑い中、私は「冷えとり健康法」なるものをお試し中。それは絹や木綿の靴下を重ね履きして、「頭が山のてっぺん、足が山の麓のように」なるように下半身を足元から温めるというもの。お試し感覚なので、気楽にやってみています。で、「冷えとり」って何をするのかというと、

 靴下の重ね履き(4枚)
 下半身を温めるためにレギンスを重ねる
 ぬるめのお風呂に最低20分以上入る
 食べ過ぎない
 湯たんぽを使う(今はさすがに使っていませんが)

 これらを日々実践するのであります。真夏に靴下4枚重ねって、最初は想像しただけでクラクラとめまいがしそうでしたが、実際やってみると、全然苦にならないのです(もちろん今も履いてます)。多少レギンスが汗ばんだりはしますが、それもさほど嫌じゃないし、慣れてしまったら、素足でひやっとする床に触れると足が冷えるような感じがして、靴下履くの忘れてた!と思うようになりました。おかしい話だな~と自分でも不思議です。最近は、履き心地が良くてオシャレな靴下やレギンスが気になって仕方なくて、洋服棚に占める靴下やレギンスの量がじわりじわりと増えております。

 CA3C0979-pola.jpg
 ここ数日、夕方の空がとてもきれいな気がします。立秋を過ぎたらますます、夕焼けに秋を想います。そういえば、まだ海に沈む太陽を見ていないなあ。海水浴まで行けなくても、潮の香りや砂の感触を感じに行きたいな。

 
冷えとりガールのスタイルブック (ナチュリラ別冊)冷えとりガールのスタイルブック (ナチュリラ別冊)
(2010/10/15)
不明

商品詳細を見る



プロフィール

nakka

Author:nakka
ご訪問ありがとうございます。

一児の母をしながら、主婦・絵描き・カラーセラピーをしていこうと手探りしながらやってみましたが、心の病気になり、お休みしています。唯一主婦業はペースに気をつけながらやっているところです。

直感的に色を選んで描く色遊びを「天使のらくがき」と名付け、それをウェブ上に載せる目的で始めたブログでしたが、今は、日々の出来事や、思ったり、考えたり、感じたりしたことなどを綴っています。方向性が定まらず、気の向くままなところが「らくがき」みたい、ということで、のんびり続けていけたらと思います。


※ブログ内のメールフォームで頂いた内容につきましては、4~5日中にお返事いたします。万が一返信がない場合は、ブログの記事にコメント(非公開にすることが出来ます)をお願いします。

※ブログ内の文章や作品、データ等を無断で転記・転載・無断使用しないでください。

■英国オーラソーマ社認定 レベル3プラクティショナー
■色彩学校「絵の読み解き認定」2級

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

星が見える名言集100
RSSフィード
QRコード
QR
過去の記事
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。