スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レポート

 只今レポートに取り組んでおります。過去の出来事や、目の前にあるもの、感じたことをまとめ、文章にすることに、手こずっております。先日気になって図書館で借りてきたこの本。

 
技法以前-べてるの家のつくりかた (シリーズケアをひらく)技法以前-べてるの家のつくりかた (シリーズケアをひらく)
(2009/10)
向谷地 生良

商品詳細を見る


 レポートで書こうと思ってたこととの接点が多々あって、分厚いんですが、時間を見つけては読んでおります。盛りだくさんのぐっとくる箇所に付箋をつけてたら、「辞書引き学習」した後の辞書みたいになってしまいました。後日返却するってのに。おーい。


スポンサーサイト

ありがとうございました

 ギャラリートネリコさんでの「100の愛」展、2月14日に無事終了いたしました。お寒い中足を運んで見に来て下さった皆様、本当にありがとうございました。

 CA3C0848-pola.jpg

 今回の「100の愛」は、全体的に渋い、淡い、落ち着いた、そんな色合いの作品が多かったように感じました。世相の反映だったりするのかな?私の深読み(?)ですが。渋く苦い出来事。ぼんやりした状況。暗い出来事。あらゆることの陰の部分。愛はそんなところにもあるんだってことなのかも、と思ったりもしました。最終日の搬出&ティーパーティーは大勢の方で賑わっていました。ちびっ子たちがオーナーさん方のわんちゃんと戯れる愛らしい姿があれば、懇々とお話されている作家さん(きっとプロ)の姿もあり。日頃生活しているコミュニティの垣根を越えて、様々な方が、各々に「愛」というテーマを感じ、作品を作り、発表する事を核に、集っていたんですね。どれもこれも心を込めて、持つ力を駆使して作られた作品ばかり。作品って、尊い「愛」だなあって思いました。

 merrymerrypolka-pola.jpg
 merry merry polka

 今回出展した作品(部分)。携帯カメラではうまく撮れず、コピー機でスキャンしたけど、拡大するとボケボケです。(だから去年は作品写真を載せるのを断念したんだと思い出しました。…って、今さらですが。)そういえば、会場で私の作品だけ額縁が台形型に見えるとおっしゃっていた方がお二人いたそうで、四角を歪ませる視覚効果?もあったらしい。不思議な事があるものですねえ。もしかして、写真も歪んでみえてたり、します??


おおつごもり

 興味のない方には、読んでも「???」な話です。(てか、このブログはいつでも割とそんな傾向の気がしますが…)

 2月4日に立春を迎え、旧暦(太陽太陰暦)では新年を迎えたばかり。そして今日は、同じく太陽太陰暦を使い、月を基準に新月を1日とする月暦の大晦日なのです。月暦では、二十四節気の「立春」に一番近い新月を正月一日としているので、明日が元日になる、というわけですが、こんな説明でわかりましたかねえ?(わからなかったらスミマセン!スルーしてください。)

 ほんの数年の間と比べると、私は暦とのつきあい方がぐっと変わりました。13の月の暦を入口に、旧暦、月暦と興味を持つようになり、当たり前に月の満ち欠けを意識するようになり、二十四節気や七十二候のことも、少しずつ知ったり意識するようになって、自分と四季の変化との距離が今までより近くなってきたような気が。それと、月の満ち欠けと自分の身体の調子を照らし合あわせてみたり、不調を感じた時も、自然に回復していく力を信頼して静かに待ちながら、私の体の声を聴くことが出来る機会だと思えるように、本当に少しずつだけど、そうなりつつあって、その成果なのか偶然なのか、昨年は一度もお医者さんのお世話にならないで過ごせてたみたいで、驚きでした。

 特に仕事を忙しくしている方達は、不調を感じたら即、薬で痛みを抑えたり感じなくなるようにせざるを得ないわけで、私もかつてはそうだったんだけど、それって、自分自身の自然なリズムと向き合う時間が取れないまま、本来人間が持っている感覚(五感や直感)を閉ざしてしまっていることにつながってるのかも…と思います。手帳に「季節は生命と同じ」というメモを見つけたんだけど、植物や動物、天体、そして自分といった命の自然な移ろいを感じることで、より自然体で人間らしくいられるようになれるんじゃないかな。かつての日本人は、変化の「兆し」に敏感だったみたいですし。

 自然のリズムと向き合える、いろんな暦のサイトをブックマークしてあったので、書き出してみますと…。

  旧暦ダイアリー「旧暦日々是好日」
  旧暦美人の会「旧暦美人カレンダー・ダイアリー」
  えこよみ「カレンダー」「絵本」
  こよみ屋「13の月の暦」「丸一年カレンダー」
  月と季節の暦「カレンダー」「月暦手帳」

 いわゆるカレンダーとは違うこんなものも。
  ヘリオコンパス地球暦

 旧暦は新年が始まっちゃったし、月暦も明日が元日だけど、気になったものがあれば、出会った今日、気になった今日が吉日なのかも?今使ってるカレンダー(グレゴリオ暦)が世界共通の暦ってなってるけど、本当かな?なんて、当たり前を疑ってみる、おおつごもりの昼下がりです。


「未来の食卓」

 日曜日にもらったチラシ。前々から見たいと思ってた『未来の食卓』のチラシでした。

 映画『未来の食卓』

 映画『未来の食卓』公式サイトはこちら→

 石川では、3月13日(土)~3月26日(金)まで金沢のシネモンドで上映されると知り、「これは行こう」と旦那さんと話してたところでした。そしたら今朝、友達からメールが届き、明日2月10日(水)に石川県立音楽堂で特別上映会が行われるみたいだから、行かない?というお誘いが。行きたいって話してたの、聞いてた?と思うような素早い反応。嬉しいなあ。ありがたいなあ。「食」「自然」「いのち」がテーマの映画。オススメです。興味と都合の合う方は是非(急で、しかも平日午前ですからね…)。旦那さんには申し訳ないですが、一足お先に明日見てきまーす。

 映画『未来の食卓』特別上映会 (2008年フランス/112分)
 日時 : 2010年2月10日(水)10:00~12:10(開場9:30)
 場所 : 石川県立音楽堂「交流ホール」(金沢駅東口徒歩3分)
 参加費: 入場無料 先着順250名 
 午後にはセミナーも開催されるそうです。詳細はこちら→



ふぅ~

 今日は朝から、疲れちゃったみたいな、シャキシャキ動けない感じです。昨日、いろんな方から興味深い話を聞く場にいて、無意識のうちに話に聴き入ってしまう傾向がある(らしい)私は、長時間じっくり聴くことにエネルギーを使い過ぎてしまったのかも。それぞれに専門とするフィールドで第一線をバリバリと進んでいらっしゃる方々が大勢いらっしゃったのもあるのかな。昨日寝る前には首から頭にかけてカチコチだったし…。こんなちょっと疲れたり繊細になっている時に、淡々とするべきことをしながら、静かにしていられる場や状況があることって、本当にありがたいよな~と思いながらいます。こんなとき、がんばって気合い入れてやるのも、あり。だけど、時にはがんばらないでそのままでいるってのがいい場合もあると私は思うんですよね。そんなわけで、今日は「がんばらないでそのままでいる」をチョイス。ふぅ~。


response

 心の中でひっかかってたことについて、動いてみた。すると、後で会う約束をした友人や、ラジオ番組のゲストだった人物、届いた郵便が、みんな私の中で強烈にリンクして、私の心を代弁してくれてるみたいに感じて、見事すぎて、涙が出た。思いがけずいい景色に出くわした時みたい。


プロフィール

nakka

Author:nakka
ご訪問ありがとうございます。

一児の母をしながら、主婦・絵描き・カラーセラピーをしていこうと手探りしながらやってみましたが、心の病気になり、お休みしています。唯一主婦業はペースに気をつけながらやっているところです。

直感的に色を選んで描く色遊びを「天使のらくがき」と名付け、それをウェブ上に載せる目的で始めたブログでしたが、今は、日々の出来事や、思ったり、考えたり、感じたりしたことなどを綴っています。方向性が定まらず、気の向くままなところが「らくがき」みたい、ということで、のんびり続けていけたらと思います。


※ブログ内のメールフォームで頂いた内容につきましては、4~5日中にお返事いたします。万が一返信がない場合は、ブログの記事にコメント(非公開にすることが出来ます)をお願いします。

※ブログ内の文章や作品、データ等を無断で転記・転載・無断使用しないでください。

■英国オーラソーマ社認定 レベル3プラクティショナー
■色彩学校「絵の読み解き認定」2級

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

星が見える名言集100
RSSフィード
QRコード
QR
過去の記事
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。