スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・8月30日

 前に、衆院選と同日に行われる最高裁判官の国民審査について書きました(8月30日)が、新聞を見ても、名前と経歴と裁判の記録(しかもほんのちょっぴり)だけが並んでて、これのどこを判断基準に?と、腑に落ちないどころか、謎が深まるばかり…。「こだわり過ぎ?」と思ってる私もいるんだけれど、「「よくわからない」まま置いておくのが気持ち悪い」「本当の事を知りたい」という思いもあって。そしたら、こんなサイトに辿り着きました。

 「忘れられた一票 2009★最高裁判所 裁判官 国民審査 判断資料

 司法フリーライターの長嶺超輝さんが、執筆の本業の傍ら、ボランティアでまとめた資料だそうです。いくつかの政治的・思想的な立場や考え方に該当する最高裁判官を3つの「×レベル」に分けてあります。勉強してもさっぱりわからない司法ド素人の私でもわかりやすくて、国民審査に行く前に役に立ちそうだと思いました。

 サイトには「国民審査をキッチリ機能させたい」という思いが書かれていました。長嶺さんのプロフィールやコメントのやり取りなどを読んで、私みたいな一般人の「法律とか司法とかよくわからないけど、こんな風に思う」という「気持ち」と「法」を繋ぐ橋渡し的役割をされようとしているのかなと感じました。おかげさまで、今回の国民審査は「「よくわからない」から「×」をつけない」という態度から、少し向きを変えられそうです。

 誰かに「×」をつけるか、全員「×」マークなしか。(「○」をつけたら無効なのです。)

 明日か明後日には期日前投票に行くので、参考にさせてもらおうと思っています。この記事を読んで気になったようでしたら、是非一度、ご覧になってみてくださいね。

 
スポンサーサイト

出穂(しゅっすい)

 子育て農業応援団の活動で、5月下旬から家の玄関前で育てているバケツ稲。5日程前に、待望の穂が出ました!やったー!!!

 CA3C0520-pola.jpg

 息子(5歳6ヶ月。まあ普通。)は、出穂した稲を目の当たりにした時、「稲もヒトみたいに、真ん中から出てくるんやね!」と、意味深というか、神秘的とも思える発言をしておりました。で、出穂に喜んでたら、ふと心配な気持ちに気付いた。これまでいい加減に、水が乾いたら水をやるってな具合の適当栽培をしてたけど、何か気をつけたらよいことがあるのでは??と。そして早速、JAのバケツ稲のサイトを見てみましたら、ありましたありました。

 ・害虫やイモチ病に注意。
 ・水は5センチぐらいを目安に。
 ・寒い日は水を多めにして保温。

 …と、やはり、色々気を配る事があるようで。大丈夫かな。。。



 ちなみに、6月初旬の稲はこんな感じでした。

 CA3C0298-pola.jpg

 うわあああ、こんなに小さかったっけ~。



 出穂の感動をモチベーションにしながら、無事、穂が黄金色になり、お米が実るまで、お世話を続けてまいりましょうぞ。


8月30日

 残暑お見舞い申し上げます。衆議院選挙がいよいよ!という雰囲気がマスコミからはぷんぷんしてますが、私の周囲はそうでもなく、残りわずかの夏休みを、日々息子(5歳6ヶ月。波が怖い。)と散歩や自転車で出かけたりしているおかげでか、毎晩あっという間に深い深い眠りの中です。

 CA3C0481-pola.jpg

 今日は、衆院選当日がやってくる前にご案内したかった話題がひとつあったので、急ぎの用事をしている合間に、かたかたとキーを叩いております。その話題とは、衆院選と同時に行われる「最高裁判所の裁判官の「国民審査」」です。まずは下のリンクをクリックしてご一読頂けたらと思います。

  「最高裁判官をあなたがチェック!!国民審査で竹内行夫にバッテンを!!
 
 最初は「…バッテンを!!」って、なんだかちょっと過激な感じがしたんですが、内容を読んでみると、「そういえば、いつだったかの選挙の時にも、最高裁判官の「国民審査」みたいなのがあったような気がするけど、適当だったなあ~」と思い出すところに始まり、「最高裁判官が決まる仕組み」や、「裁判所が、裁判官によって、憲法を守る立場にも、ないがしろにする立場にもなりうる」こと、「裁判官とある戦争との関わりについて」などなど、(私が)気になっていたんだけど、情報としてほとんど知らなかったことについて、色々と書かれていました。これはおまけですが、きちんと理解しようとしたところ、行き着いたのが、かつて習った「三権分立」について。Wikiなどで復習してみようとしたものの、結局息子のような子どもにもわかるように説明できるには程遠く…トホホのホ。

 それはさておき(ではまずいんだけど…)、平和も権力も、物質じゃないだけに(その象徴として物質が現れることもあるんだけれど)、いろんなところで見えない力が動いているんだなあ、と、読みながら思ったのでした。目に見えるものが全てじゃないし、目に見えないものが全てでもない。選挙って、それらの接合点みたいなものの一つかも知れないなあ。だから熱くなるのかも、なんちゃってねえ。

 選挙と同様、最高裁判官の国民審査も、自分の目に見えない思い・意思を反映させる大切な機会。情報を積極的に得ながらも、なんとなく感じることも忘れずに。私は選挙当日は予定があるので、近々期日前投票に行ってきます。


珍しく

 眠れない夜。こんな時間(23時)に起きてるって、どれだけぶり?最近してないことでもしようかしらと思ったけれど、やっぱり寝よー。今宵も、今のところ、いつもどおり。平穏無事であることに、感謝。



台風と地震

 台風と地震のニュースが相次ぎました。被災された方々に心よりお見舞い申し上げると共に、今後さらなる被害がないことを、心より祈念しております。


立秋

 CA3C0446-pola.jpg

 ようやく梅雨明けかと思ったら、今日は立秋。残暑厳しい折、みなさま元気でお過ごしですか?暦は秋に入りましたが、私は息子(5歳6ヶ月。日課はランニング。)とまったり、夏休みが続いております~。朝昼晩と三食を共にし、出かける先もずっと一緒。朝顔が咲いて喜び、暑くて鼻血が出たと騒ぎ、隣の家からスイカを頂き玄関で食べたり、スーパーで一緒に買い物したり、ゲームで遊びたいという息子とお金の話をしたり、友達と鮎つかみ取り体験をしに行ったり、夏祭りへ出かけたり、蝉を見つけたり…他にも毎日色々あって、あっという間に寝る時間です。とはいえ、自分の時間も大好きで重要だと思っているから、ふと「いつもより早く帰ってきてもいいから幼稚園で息子を見て頂けたらなあ…」という思いがよぎることも。だけど、息子が思っている事や喜怒哀楽の感情などを包み隠さず表現してくれる時期って、この先そう長くないのかも…ということに最近気付いたりもしまして。そんなこんなで、今は、瞬間瞬間が貴重で愛しく感じております。かと思ったら、ついつい厳しくなってしまい、ちょっとしたことに腹を立てて、生まれて5年半の幼子に正論をドドドッと積み重ねるようなお説教をやらかしてしまう事もあったりしますが(反省)。「ひとつ、ふたつ、みっつ…」と、終わりに「つ」をつけて数が数えられる年齢のうち、つまり9歳までは、出来るだけ甘えさせてあげよう。そうしよう。と、反省する毎に、自分に刷り込みするが如く、言い聞かせております。まだまだ未熟者です。。。それに対して、息子は色々な面で確実に成長しております。写真は、夏休みのある日に息子が描いたペン画。親バカだってことは、もちろん、よーくわかってますよ。それではみなさまも引き続き、健やかに、お元気で。


プロフィール

nakka

Author:nakka
ご訪問ありがとうございます。

一児の母をしながら、主婦・絵描き・カラーセラピーをしていこうと手探りしながらやってみましたが、心の病気になり、お休みしています。唯一主婦業はペースに気をつけながらやっているところです。

直感的に色を選んで描く色遊びを「天使のらくがき」と名付け、それをウェブ上に載せる目的で始めたブログでしたが、今は、日々の出来事や、思ったり、考えたり、感じたりしたことなどを綴っています。方向性が定まらず、気の向くままなところが「らくがき」みたい、ということで、のんびり続けていけたらと思います。


※ブログ内のメールフォームで頂いた内容につきましては、4~5日中にお返事いたします。万が一返信がない場合は、ブログの記事にコメント(非公開にすることが出来ます)をお願いします。

※ブログ内の文章や作品、データ等を無断で転記・転載・無断使用しないでください。

■英国オーラソーマ社認定 レベル3プラクティショナー
■色彩学校「絵の読み解き認定」2級

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

星が見える名言集100
RSSフィード
QRコード
QR
過去の記事
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。