スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとうございました。

 西暦2008年は、あと数日になりましたね。

 古き年が去り、新しい年がやってくるという暦が一般的ですが、地球を始めとした惑星たちは、くるくると自らのリズムで回転し続けていて、暦も本来その回転のリズムを数字にしたもの。だから、今年は消えてなくなってしまうのではなく、長い縄や鎖のように、つながり続けていくものなんだと思います。引き続き、感謝や喜び、楽しみの気持ちを、ゆったりと、太く、長くしながら、つなぎ続けるつもりで、生きていきたいものです。そのために、今日を、今を、大切に…。

 形のあるもの。
 形のないもの。
 手にしたり関わったりした物事や人々。
 触れられることのなかった物事や人々。
 「すべて」という三文字で
 本当に抱えきれるのだろうかと思ってしまうほどたくさんの
 すべてに
 ありがとう。

 2008年も、ありがとうございました。どうぞ皆様、良いお年を。




 御礼:つばきやさんでの「冬のプレゼントー北陸の作家14人展」、今月26日に無事終了しました。沢山の方々に訪れて頂いたこと、そして沢山の素敵な作家さんと共に出展させて頂けたこと、本当に嬉しかったです。ありがとうございました!




スポンサーサイト

みんな同じように

 12月に入って、ちょっと家族に付き添って病院へ通う日が続きました。家の近くで一番大きな病院には、どこからこんなに人が…?と思うぐらい大勢の人、人、人。患者さん。私みたいな付き添いの人。お医者さん。看護士さん。職員さん。店員さん。清掃員さん。警備員さん。などなど。廊下は家の居間ぐらいの幅がある広い広い廊下なんだけど、なんだかそれも、そうでもないように思えてしまうほど、大混雑。しかも毎回。いつ行っても。

 患者さんの多さも去ることながら、お年寄りの方々が実に多くて。多いのはわかってたけど、いやはや、多い。私は、お年寄りは草木でいうなら枯れていく時期だと思っていて、何らかの病と共に生きて行くのも、ある程度の年齢になったら自然なことなのかもしれないなあ。だけど、出来るだけ、ぎりぎりまで、元気でいたい…なあ。なんて思ったりしながら、待ち時間を過ごしていました。

 沢山の患者さんが、ぎっしり椅子に座って、採血検査の順番を待っている様子。杖をついて広い病院内をゆっくりと歩いている腰が90度に曲がったおばあちゃん。腕に注射器を刺して包帯で固定している子ども(それが一体何なのかは謎)。自分の親と同じくらいの年齢のお父さん、お母さん。様々な年齢の様々な状況の人たちが行き交う姿を見ていたら、何か大きな流れの上に乗っているように思えてきて、自分って、ちっちゃいなあって思えてきた。

 私もいつか何かの病にかかるかもしれないし、そうでないかもしれない。病は全く存在しないのではなく、いつでも個々の体内に存在していて、何も指示しないでも病が拡大しないよう細胞レベルで活動をし続けているって私は理解してる。それでも、病にかかる人がいて、いつ、どんな病になるのかも、わからない。それは、命が終わる日が誰にもわからないのと、同じ、なのかも。こんな時、深く配慮の出来た言葉が使えたらと思うんだけど、思いつく言葉は「平等」。「何が平等だ!」と、命の終わりが近いことを宣告されたら、思うのかもしれない。でも今は情けないかな。「平等」という言葉しか、思いつかない。

 病院には、毎日沢山の患者さんを診ているお医者さんや看護士さん他、病と共に生きる人々を支える存在もある。病院を始め、病に伴う痛みや苦しみを除去、軽減、緩和することに日々尽力を尽くしている人たちがいて、何かを施して頂けることが出来る環境に生きてる。本当に、ありがたいことですね。
 
 病と共に生きる人たち。病に伴う痛みや苦しみを除去、軽減、緩和する人たち。病院のお世話になる必要のない健やかな人たち。病を病と知らずに痛みと共に生きている人たち。病が何かわからない幼子たち。生まれくる命たち。どこかへ還っていく命たち。一人一人みんなのこれからの時間が、少しでも、心穏やかで、幸せでありますように。

 

オーラソーマ冬期休業のお知らせ

 いよいよ年の瀬…のはずなんですが、のんびりしすぎてるのか、実感がない私。年賀状はまだ買ってないわ、クリスマスもどうなるのかな~?なんとかなるか!といった具合です。が、息子の幼稚園は、明日から冬休み。今日もこの後11時に降園です。

 というわけで、通常は土・日・祝日を休業とさせて頂いております、オーラソーマのコンサルテーション。下記の期間、休業とさせて頂きます。子どもとの時間も大切にしたいという私の個人的な思いで申し訳ありませんが、どうぞご理解とご了承をお願い申し上げます。

 12月23日(火/祝)~2009年1月14日(水)
 ※2009年1月15日(木)から通常に戻ります。

 クリスマス、そして、年末年始を、健やかに楽しく迎えられますように。。。



一つの船

 数日前のこと。夜中に突然目が覚めて、眠れず。ストーブで暖を取ろうと居間へ行き、テレビをつけると、ベネツィアの風景が映し出されていました。海上都市として発展を遂げ、今では世界遺産にも登録されて、観光地としても名高いベネツィアが、どのように貿易・商業の拠点として発展し、大都市となったのかを丁寧にレポートしていく番組でした。その中で、ベネツィアに住む人が話していたことが、とても心に響いて、大袈裟にいうなら、私にこのことを伝えたかったんじゃないのかしら?と思ったぐらい、インパクトがあった言葉がありました。

 それは、

 「皆が一つの船に乗っている」

 という意識。

 海上都市、商業都市、貿易都市として隆盛を極めていた頃のベネツィア人に共通していたのが、「皆が一つの船に乗っている」という意識でした。自分だけが抜きん出ようと不正を行ったりすることが固く禁じられていました。そして、お互いに繁栄することが、ベネツィアを繁栄させ、そして守るために必要だと、商人たちは同じぐらいの大きさの屋敷を構えるなど、様々な工夫を凝らしていたんだそうです。

 時代も状況も、今の私がいる環境とは全然違うんだけど、「皆が一つの船に乗っている」という見方でいろんなグループや共同体を見てみると、あらゆる立場の人たちの行動や言動が、本当にこれでいいのかしら?と思えてくるような気がしました。「調和」と「協調」につながるものが「一つの船」の意識の中にあるように感じた真夜中の目覚めでした。




けんか

 やってしまった…。息子(4歳10ヶ月。でもぉ~。)とけんか。幼稚園バスから降りると、うとうとしていたようで、眠たくて、おまけに喉が渇いたといって、ぐずぐずぐだぐだ。まずは目が覚めるまでなだめて…と思ったけれど、雨が落ちそうな気配もあったので、気が急いていた私。それがいけなかったのかもなあ~なんて、原因を突き止めようとし始めると、全てを原因に仕立て上げてしまえそうだから、今更それに触れるのはよすことにして。
 
 息子は何を言っても「でも…」「でも…」と言っては、わーぎゃー泣き、なだめようと近づくと、わざとなのかと思うほど大声で泣いて、あーだこーだ言い始め、歩みが止まる。そうこうしていたら、待っていましたとばかりに雨がぽつりぽつり。私の中でどんどん膨らんでいくイライラ。もう待てない!と息子の手をつかみ、引っ張るように走って家に帰りました。

 玄関についてからも、息子のぐずぐずは収束の気配なし。私もいい歳なのに、イライラを収束させられぬまま、息子の要望だった水を用意したら、次々と文句が返って来て、


 どかーん!!!


 …私からやっちゃいました。4歳の幼児に30代の母親が始めたけんか。思いを出し切ってしまうと、向かいにはふえ~んと泣いている息子。私は情けなさかなんだかわからないけど、泣いていました。

 ところで、けんかの後のこと。私は息子が好きだからけんかが出来たんだなと思い、正直にそう伝えました。すると息子からは、「どっちもわるいんやから、いっしょにごめんねってすぐにいって、なかなおりしたらいいげん。ねっ。」と、おやつを食べながら淡々と私に話してくれました。あぁ、なんという潔さ。若干の落ち込みも感じさせないこの切り替わりの早さに、脱帽。

 けんかって、他の人とともに生きる上では、出来るだけしない方が暮らしやすいと思っているところがあるけど、直接思いをぶつけ合ったり、けんかできることも、幸せなことの一つなのかも、と、けんかしてみて思ったのでした。だけど、争いはなければない方が、やっぱりいいかなあ~。



いつもそう思っている

 気付いていても、いなくても、いつもそうだと思っていたり、信じてたりするってことは、場合によっては囚われているということもできる。それに気付いていても、いなくても、生きることは続いてる。今日ものんびりと、思うように生きていることに、ありがとう。
  

プロフィール

nakka

Author:nakka
ご訪問ありがとうございます。

一児の母をしながら、主婦・絵描き・カラーセラピーをしていこうと手探りしながらやってみましたが、心の病気になり、お休みしています。唯一主婦業はペースに気をつけながらやっているところです。

直感的に色を選んで描く色遊びを「天使のらくがき」と名付け、それをウェブ上に載せる目的で始めたブログでしたが、今は、日々の出来事や、思ったり、考えたり、感じたりしたことなどを綴っています。方向性が定まらず、気の向くままなところが「らくがき」みたい、ということで、のんびり続けていけたらと思います。


※ブログ内のメールフォームで頂いた内容につきましては、4~5日中にお返事いたします。万が一返信がない場合は、ブログの記事にコメント(非公開にすることが出来ます)をお願いします。

※ブログ内の文章や作品、データ等を無断で転記・転載・無断使用しないでください。

■英国オーラソーマ社認定 レベル3プラクティショナー
■色彩学校「絵の読み解き認定」2級

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

星が見える名言集100
RSSフィード
QRコード
QR
過去の記事
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。