スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同乗者

 昨日車を降りようとしたら、ドアの窓の淵にカエルが。窓の外にくっついてるかと思いきや、中にいて、一瞬びくっとしたけれど、「私はいつもどおりの平常心」ということにして、ドアを開けたら、「じゃあね」という顔でぴよんと跳ねていきました。はて、いつから車内にいたのかしらねー?本当に知らぬ間に、車に載ってしまってたんやねえ。自分の足で移動するには相当時間がかかるところへきてしまったことも知らないんだろうなあ。それを意識することもなかろうけど。

 そういえば、カエルの風貌が王様みたいでした。ちょうどいいサイズの冠があったなら、かぶせてみたかったわ。



スポンサーサイト

スパンコール

 大したことないかもしれないけど、やるとは思っても見なかったことを、することになりました。

 それは、スパンコールの刺繍。

 息子(4歳9ヶ月。ヒーローにくびったけ。)の幼稚園で、11月に表現会があり、その衣装作りに協力を…ということで、することになったわけです。幼稚園からの指示通り、黒無地のTシャツと、できる限り大きい白のスパンコールを用意するところまでは、まぁ簡単というか、誰でもできること、なんですが、いざ刺繍をするところまできて気がついた…。

 縫い方が、わからなーい!

 こんなときはインターネットのお世話になってしまうわけなんですが、調べてみると、意外と載ってないんですね。確かに、スパンコールを刺繍することって、私自身、することになるとは思ってかったわけだから、珍しいことなのかも。とかなんとか思いながら、いくつかの検索エンジンで調べたら、①ビーズを使うやり方(ビーズも要るの?!)、②ボンドで接着する方法(楽だろうけど、刺繍じゃないなあ…)、そして、③糸で縫うやり方、に辿り着きました。

 おとといの午後、息子が珍しく自主的に昼寝したので、その間にやってしまおう!と、人生初のスパンコール刺繍をやってみました。が、息子が眠る間にやってしまおうという計画は、一つ縫い付けようとしてみたところで、あっさりと変更。だって、付けたい場所に付けるだけでも、大変なんです…(私には)。でも、いつかはやり終えなければいけないこと。そう思って、その日のうちに、一気にやりました。

 所要時間、約4時間。スパンコールの刺繍に対する目が変わったことは、言うまでもありません。



 完成写真、撮っておけばよかったー。




バースボトル

 私自身が息子を出産した時のことなんですが、私が産もうとして力んだから産まれることでは全くなくて、私はただ、生まれてくる赤ちゃんの意思に従うより他なかった、というのが、出産してみてわかったことの一つでした。

 もちろん、帝王切開などによる外からの意図で出生の時が決まる場合もあるわけだけど、それもきっと、その子が選んだことなんじゃないかなと私は思っています。

 この時点で、「???」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。

 信じる・信じないはお任せしますが、この世界に生きているお母さんの体に、新しい命として宿ったその瞬間から、その命(=赤ちゃん)の魂が書いてきたシナリオが作動していた、ということなんじゃないか、ということです。

 やっぱり「???」…かもしれませんが、証拠として出せるものを持ってるわけではないけど、オーラソーマを学んだ時に、「生まれる前に自分で書いたシナリオがある」という話に触れ、私がどこかで漠然とだけど感じていたことを思い出したかのように、「なるほど!」と思える自分がいて、腑に落ちた感覚があったのでした。

 その話が正しいかどうかは受け取る人によるとも思いますが、今の私は、それを信じることによって、生きている今をよりよく生きようとするときに、なにか支えであったり、よりどころのようなものになってくれている気がしています。…とはいえ、真偽については記事を読んでいらっしゃるあなた次第だとも思っていますので、お任せしますが。(しつこい?)

 お母さんの体に命を宿して、約260日間おなかの中で育ち、そして一人の人として、母体から離れて一人の人として誕生した日。つまり誕生日の日付の数列は、自分自身に関する情報というか、記号みたいなもので、魂が今回の人生で経験しようと決めた「約束」みたいなものが記されている、という理解があります。

 オーラソーマでは、誕生日の生年月日を西暦から全て一桁ずつ足して出た数字を「バースナンバー」として、それに対応するボトルを「バースボトル」としています。「バースボトル」には、命として身体を得る前に私自身が決めたことが含まれていると言われています。

 ところで、私はオーラソーマと出会って、バースボトルを持ってはいたんですが、使うことがなんとなくためらわれて、そのまま飾っていました。でも、昨日不意に「今日やらなくて、いつやるんだ?」という言葉が浮かんで…。

 何の気なしに、使い始めました。

 長らく、「なんとなく無理…」と思い続けてたのに。

 どんな感じがするのかな?

 バースボトルとの日々を味わってみることにします。



 …オーラソーマ・コンサルテーション。長らく夏休みを頂いていましたが、再開しました。詳細を更新しましたので、興味のある方は是非こちらをご覧ください。

 

オーラソーマ・コンサルテーション

 あちらこちらで紹介されるようになって、オーラソーマも良く知られるようになって来ました。
 そんな中、何かで見たり聞いたりして知り、興味はあるけれど、いつも時間に追われていたり、育児中、介護中など、様々な事情で外出が困難な方にもオーラソーマを体験して頂けたらと思い、出張型のコンサルテーションを始めました。

●オーラソーマ・コンサルテーション●
 100本以上あるボトルから4本選んでいただき、1本1本ボトルからのメッセージをお伝えします。自分自身のことをより良く知り、より良く、自分らしく生きたい方へ。
 オーラソーマって何?と思った方は、こちらをご覧ください。

【メニュー】 
 ■40分 3,500円(税込)
 ■60分 5,500円(税込)
 ■90分 8,000円(税込)
 ※初回は90分がおすすめです。

 □サークルやお友達、婦人会などの集まりへの出張、店舗への出張も承っております。内容詳細はご相談下さい。

【場所】
 ■基本、ご自宅等への出張型とさせていただいております。範囲は、金沢市内+近郊です。出張費無料。
 
【注意事項】
 ○午前9時30分~午後2時(それ以外の時間についてはご相談ください)
 ○土・日・祝日はお休みですが、ご相談いただければ可能な限り応じさせていただきます。
 ○1日2名さまの完全予約制です。
 ○女性専用(男性の方はご紹介に限らせて頂きます)
 ○ご予約は、ブログ左側のメールフォームで、希望日の4~5日前までにお願いします。希望日の3日以前のご予約はご遠慮願います。
 ○ご希望の日時にご予約をお取りするためにも、早めのご予約をおすすめします。
 ○誠に勝手ながら、お支払いは現金のみとさせていただきます。
 ○出張の場合、車でお伺いいたしますので、駐車場のご用意をお願いいたします。

【変更・キャンセルについて】
 ○ご予約の日時やメニューの変更は、お早めにご連絡下さい。
 ○遅刻されますと、その分時間が短くなってしまうことがありますので、時間には遅れないように、できれば、ご予約時間の15分前にはご在宅願います。
 ○キャンセルについて
 ・2日前までのご連絡・・・メール・お電話にてお願いします。(無料)(電話番号はお申し込み時にご案内します)
 ・前日・当日のご連絡・・・お電話にてお願いします。またキャンセル料として料金の30%をいただきます。
 ご連絡無くキャンセルの場合、キャンセル料は全額いただきます。

【連絡について】
 初回は全てメールフォームからお願いいたします。3日過ぎてもメールの返信が遅い場合は、申し訳ございませんが、再度メールフォームからお問い合わせくださいますようお願いいたします。電話番号については、お問い合わせいただいた後にご案内いたします。


 一度でも対面したことがあってこのブログをご覧になっている方はよいのですが、プラクティショナーの顔が見えない…ということで、不安や疑問など多々あるかと思います。ご不明な点やご質問があれば、何なりとお訊ね下さいませ。(2010/01/15更新)


お祭りとお月見

 ここ1~2年ぐらいの間に、暦(カレンダー)のことを意識し始めてから、旧暦も少しずつ気にかけるようになってきて、最近では、ちょこっとだけど、月にまつわる行事なども気になるようになってきて、今年は「今日は仲秋の名月だ!」と意識できるようになりました。

 今年の「仲秋の名月」は、9月14日。その日は秋祭りで、午前中から昼過ぎまで、ずーっと息子と子ども御輿について歩きました。実は私、息子が途中で「もう帰る」と言うだろうと思っていたんだけど、甘かった~。この根性がどこから出たのか、息子は途中泣いたり寝そべったりしながらも、「最後まで歩く!」といって、約3時間、歩き続けたのでした。距離は子どもが歩ける距離なのでそれほどでもないはずなんですが、ついて歩いていた母の方は暑かったのもあって、帰宅後はバッタリ倒れてしまってました。これではまさに、チェブラーシカ(ロシア語で「バッタリ倒れやさん」)です。

 午後は休んでいたけど、夕飯が済んでから、突然「お月見だ!」と「仲秋の名月」を思い出し、お団子を作ってみたくなった私。(突発的、なのです。)お団子の粉があるかな~?と思って探したら見つかったので、作りました。正式には里芋のお団子だったらしいですね。そして、お月見といえばススキも…なんて思ったら、周囲にススキがないことに気がつき、驚き。あってもよさそうな土手や田んぼの畦のようなところにも、そういえば、ススキってない。少し前(といっても、10年、20年前だけど…)にはどこにでもあったはずなのになあ。当たり前だったものが失われていることを、ススキにも気づかされました。そんなものが沢山ありすぎやしないか?と思ったりもして。

 お団子を作り始めたと思ったら、早速息子は「早くお団子食べたい!ハヤク!」と、一刻を争うような口ぶりで言うので、ススキをどこかへ取りにいこうかとか、月を眺めながら食べようかとか話し合う隙もなく、月見団子は出来上がったらあっさりとなくなってしまいました。でも、月の事を思ったり、話題にしたりしながら過ごせたのは、自分にとっては新しい取り組みで、楽しかったです。

 お団子を食べた後、秋祭りの最後を彩る勇壮な獅子舞の頭合わせを見に行こうと、歩いて見に行きました。歩きながら月明かりに照らされる自分の影を探してみたけれど、街灯が明るいからか影がほとんど見えなくて、残念。いつでも電気の光があるところでは、お月さまの優しい光の美しさを味わうのは難しいということも、言われてみれば当たり前だけど、ちょっと発見でした。

 獅子舞いの会場は、満月の力も手伝って(?)とても盛り上がっていました。喧騒の中でも、夜空に浮かぶ名月に目を向けると、穏やかな静けさが心に広がるよう。同じ月の下、ここでは勇壮で雄々しい祭りが繰り広げられているけど、みんなはどんな風に過ごしてるんだろう、なんてことを思ったりして。太陽も同じように毎日みんなを照らしてくれているけれど、月は満ち欠けがあったりするからか、夜でも昼でも見えるものだからか、やっぱり違う感じがするんだよなあ。帰り道、行くときより高いところに上って少し小さくなった月を振り返って見ながら、ゆっくりと月とお近づきになっていけるといいなあ、なんて図々しくも思ったのでした。


忘れ物の日

 昨日は息子の忘れ物ばかりの1日でした。まず朝。息子がランドセルを背負っていないことに気づかずバス停まで行き、バスに乗る直前に発見。結局息子をそのままバスに乗せ、見送ってから、ランドセルを届けに幼稚園まで行きました。そして午後。帰宅してから荷物を確認すると、水筒に始まり、ハンカチ、そして体操服が、ない!!ハンカチは息子が途中まであったことを覚えていたので、紛失した可能性があるけど、水筒と体操服は、どう考えても、明らかな忘れ物であることが判明。しかし気づいたものの、予定が詰まっていたため、結局取りに行くこともできず、そのままに。

 忘れ物の連続に、思わず息子へ「何でどこに置いたか覚えてないのー!」とのどの途中まで出かかったんだけど、当然ながら、私にも責任が…。そう思い静かに内省していたら、ふと、昨日の私の状態を反映していたのかも、と気がついた。その状態に意識を向けてみたら、どこか気持ちにも、身体にも、ゆとりがないというか、注意する力が足りなくなっていた感じがした。ついこの前までグルグル慌しい中にいて、急にペースダウンしたものだから、注意の焦点を定められていなかったのかも。それに気づいたら、澱みのような暗くにごった感じが、ふわぁっと溶けて消えたような感じがして、どこか軽くなりました。

 そして今朝。気持ちも新たに、一つ一つ息子と確認をして出かけました。忘れ物、後で確認の電話をしようと思っていたら、バス担当の先生が水筒と体操服を紙袋に入れて持ってきてくださいました。感謝。水筒は代わりの飲み物を持たせたのでよかったけれど、体操服は替えを持たせなかったので、仕方ないけど、汗臭いままもう一日着てもらうことに。ハンカチは、どうやらなくしたようで、先生からは何も言われず、残念。近いうちにハンカチも見つかるといいな。

 まだまだ反省が尽きない母ですが、息子は相変わらず、母の匂いを嗅いでは喜んでいます。反省の匂いもするのかしら?



プロフィール

nakka

Author:nakka
ご訪問ありがとうございます。

一児の母をしながら、主婦・絵描き・カラーセラピーをしていこうと手探りしながらやってみましたが、心の病気になり、お休みしています。唯一主婦業はペースに気をつけながらやっているところです。

直感的に色を選んで描く色遊びを「天使のらくがき」と名付け、それをウェブ上に載せる目的で始めたブログでしたが、今は、日々の出来事や、思ったり、考えたり、感じたりしたことなどを綴っています。方向性が定まらず、気の向くままなところが「らくがき」みたい、ということで、のんびり続けていけたらと思います。


※ブログ内のメールフォームで頂いた内容につきましては、4~5日中にお返事いたします。万が一返信がない場合は、ブログの記事にコメント(非公開にすることが出来ます)をお願いします。

※ブログ内の文章や作品、データ等を無断で転記・転載・無断使用しないでください。

■英国オーラソーマ社認定 レベル3プラクティショナー
■色彩学校「絵の読み解き認定」2級

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

星が見える名言集100
RSSフィード
QRコード
QR
過去の記事
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。