スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石川県内六ヶ所で『六ヶ所村ラプソディー』上映

25日の朝起きた能登半島地震から、7日目になりました。

原発の臨界事故隠蔽発覚があったのが、奇しくも石川県の志賀原発。
その後、志賀原発から震源が近い場所で起きた、能登半島地震。

地震の甚大な被害に胸を痛め、何か力になれることをしようと思われている方も
全国に大勢いらっしゃるかと思いますが、
志賀原発が止まっていたのが、不幸中の幸いだと思った方も、
全国に大勢いらっしゃるのではないかと思います。

青森県の原発のゴミを再処理する工場に関する映画
六ヶ所村ラプソディー」が、石川県内六ヶ所六日間上映されます!

実はこの上映、能登半島地震が起こる前から決まっていました。
多分、志賀原発の臨海事故隠蔽発覚前から、決まっていたはずです。
その後、原発の近くで大きな地震と被害が出るなんて、
思っても見なかったはず…。
しかも、この映画の監督、鎌仲ひとみさんは、ふるさとが能登なんだそう。

アースデイ石川により、能登半島地震以前から企画されていたこの企画ですが、
監督の鎌仲さんの意向により、今回の映画の収益金は
能登半島地震の被災者の方々に役立つ形になるそうです!


被災された能登のみなさんのため、そして、私たちの地球のため、
是非是非、石川県内六ヶ所のどこかへ、
大切な仲間を誘い合わせて見に行ってください!


…下記詳細をご覧頂き、まずは見に行く予定を入れましょう。私も行きます。


**++**++**++**++**++**++**++**++**++**++

アースデイ石川2007関連企画
http://streetarts.sub.jp/edkblog/

能登地震チャリティー上映会
4月16日(月)~21日(土)
「六ヶ所村ラプソディー」県内六ヶ所で六日間上映!
http://ameblo.jp/rokkasho/

**++**++**++**++**++**++**++**++**++**++


今回の能登半島地震の被害に遭われた皆様に心より
お見舞いを申し上げます。どうしたら被害を受けた
皆様のお力になれるか考えました。

今回映画「六ヶ所村ラプソディー」の上映を能登・石川で企画し
て下さった方々がいらっしゃったので、この映画の収益金を全て
被災者の方々の役に立ててもらうことにしました。
映画の貸し出し料を無料にして、映画を観ること即ち支援と
なる仕組みです。能登はわたしのふるさとでもありますから。
今回志賀原発が停止していたのは不幸中の幸いでした。
今回の地震は志賀原発の耐震強度を上回ったものだったのです。
原発震災となれば、その被害は今回の数万倍になったでしょう。

映画には土地に根ざして地道に生きる人々が登場します。
その希望を捨てない、そのたくましさに触れていただくことで、
どうか復旧へのお力添えになれば、と願っております。

     「六ヶ所村ラプソディー」 監督  鎌仲 ひとみ


<上映場所>
  ~上映日・開始時間が違いますのでご注意ください。~

称名寺 小松市西町96 0761-22-0344 
  16日(月)のみの上映 
  18:30開場 19:00上映開始

麦工房 加賀市橋立町ふ56-4  0761-72-3916
  16日(月)から21日(土)全日上映
  18:30開場 19:30上映開始 

常讃寺 石川郡野々市町字三納145-2 076-248-7203  
  16日(月)から21日(土)全日上映
  19:00開場 19:30上映開始

常福寺 七尾市相生町90  0767-53-1392
  16日(月)から21日(土)全日上映
  19:00開場 19:30上映開始

ネイチャー・ラボ 金沢市山川町申1  076-245-1007  
  16日(月)から20日(金)上映 21日のみ上映なし   
  18:30開場 19:00上映開始

妙相寺 輪島市河井町5ー257 0768-22-7404  
  18,19,20の3日間のみ上映 
  18:30開場 19:00上映開始


前売り600円、当日800円  中学生以下無料

<前売り券取り扱い場所> 
  各会場、コミュニティトレードal (野々市町)、
  シネモンド(金沢市香林坊109内)、
  メロメロポッチ(金沢市近江町市場内)

<総合問合せ>
  アースデイ石川2007実行委員会(メロメロポッチ内)  
  TEL・FAX 076-234-5556
  熊野 090-1394-7576
  小原 076-240-0413
スポンサーサイト

武器と果物

Scan10176m.jpg


アフリカの子たちには武器が、ヨーロッパの子たちには果物が届けられてる。

こんな事実が、私たちが日々食べているあるモノと関わっているということを、ある映画を通じて知ることになりました。その映画とは、「ダーウィンの悪夢http://www.darwin-movie.jp/。映画の内容は簡単に言葉にできないので、映画を見てください!と言うだけにしますが、その中にあった言葉をちょっと変えて使わせてもらいました。ワタシにとって、とても衝撃的な一言で、なぜ同じ地球に住む子ども達が、住む場所が違うだけで違うものを受け取らなければならないの?と、胸が痛みました。
映画を見た後の感想は、まさに「悪夢」を見た後、という感じ。出来ることなら見たくない…。でも、プラスの面だけ見て、マイナスの面を見ることを避けている時は、もう終わりの時。
世界は私たちを正確に映し出す鏡そのもの。私たちがちゃんと光の反対にある闇の部分を見つめることは、「悪夢」を見るような辛いことでもあるんだけど、見ることによって、初めて気が付き、真に必要なことが出来たり、本当の役割を果たせるのではないでしょうか?
例えば、「ワタシ」という小さな一人のヒトに同じ事を置き換えてみたら…同じではないでしょうか?「ワタシ」の問題や欠点を見つめることを避けていると、本当は「本当のワタシ」に近づきたいのに、それとは裏腹にギャップが増えていくばかり…なんです。なぜなら、問題も欠点も、「ワタシ」の一部。それらを取り除こうとしたり、隠そうとしたり、見ないように、意識しないようにすればする程、「ワタシ」が欠けていき、色褪せていくから。問題や欠点は、「光」と「影」でいえば、「影」に当たる部分。だけどそれも捉え方が変われば、「光」となるもの、なんですね。

ワタシはひとつ、そして、世界もひとつ。

何かスケールが大きいことを言っているようだけど、身近に出来ることをしようかなって私は思います。映画を見ることも、そう大変なことではなかったし。食べ物について言えば、「地産地消」の大切さを感じているところ。自分で作ることが難しかったら、近所のスーパーで農家の方が個人で売っているものを選んで買う。そうすれば、野菜を運ぶ輸送にかかるモノ(費用・ガソリンなど)が少なくて済みますよね♪小さいけれど、影響は確実に出てきます。
ちょこっと変えてみること。映画をみて、また一つ出来ることが増えたような氣がしています。

ちなみに、日々食べているあるモノとは、ナイルパーチという肉食魚。冷凍食品の白身魚フライになってたり、お弁当に入ってたりしてて、本当に身近にある魚です。
そして、映画「ダーウィンの悪夢」は、ワタシが住む石川県では、金沢のシネモンドhttp://www.cine-monde.com/schedule.htmlで4月6日(金)まで。レイトショーになります。詳細はサイト等をご確認ください。

作品についてはこちらをどうぞ。http://sprismic.blog92.fc2.com/blog-entry-4.html

ほのお

Scan10175m.jpg


ワタシが立ってるこの星だけなのかどうかはよくわからないんだけど、地球っていうこの星の真ん中には、熱い熱いマグマあって、深い深いところにあって見ることはできないんだけど、その上にワタシは立ってる。足の下の深い深いところにある見えないマグマって、すっごく熱い。そう、火事よりも熱いの。地球の真ん中は、いっつも火事、かあ。地球の真ん中にある大きな炎は、おひさまみたいに姿を見ることはできないけれど、時々山から熱い熱い炎で溶かした岩を噴火させたりするよね。大きな地面を揺り動かしたりしてるのも、地球の真ん中の炎のしわざかしらね。ワタシにも熱があるけど、地球もおんなじなんだね。

青い空を見上げたら、地球の真ん中の炎とはまた別の大きな炎が、ワタシに向かって白い光を放っているのがみえました。

ほのおさん、今日もありがとう。

作品についてはこちらをどうぞ。http://sprismic.blog92.fc2.com/blog-entry-4.html

わからない

Scan10174m.jpg

作品についてはこちらをどうぞ。http://sprismic.blog92.fc2.com/blog-entry-4.html


何が本当かわからない。

何が正しいのかわからない。

それでもいいみたい。

わからないと生きていられないわけじゃないし

わからなくても楽しいこと、いっぱいあるよ。

わからないって思ったり考えたりしてるワタシを楽しむ

ってのも

たまにはいいかもね。

何も無い事

Scan10172m.jpg

作品についてはこちらをどうぞ。http://sprismic.blog92.fc2.com/blog-entry-4.html


昨日は、自分ではどうすることも出来ないことが起こりました。
昨日、能登半島沖であった地震。石川県に住んでいて、家は大きな被害があった地域からは離れていて、被害はなく、無事に今、こうして、ブログの更新が出来てるけど、家では大きな揺れはあり、高いところにあったものが少し落ちるなどしました。

地震とは、地面が動いたということ。いつもは動くはずがないと思って(さえもいないぐらいの「当然さ」で)生きてるから、いつもにない地面や家の揺れにはびっくりしました。いつも動くと思って生きてたら、驚くこともないのかもしれないけど。地球も生きているわけだし、しかも日本は、地面のプレートがいくつも集まっている場所のようで。だから地面が動きやすい場所でもあるんです。動くかも知れないと思って生きてた方が、動揺が少なくて済むのかも?

動物は「命を守ろう」とする本能が備わっていて、命を奪われる可能性のある危険だと察知するっていいますよね。人間も同じなんだけど、人間ってつい、自分が動物だってことを忘れがちじゃないですか?息子(3歳)も、昨日の大きな揺れを体験した時には、親にしがみついて、揺れがおさまった後も、しばらくそのままでした。その後ようやく口にした言葉が「ジシンッテ、コワイネ」。身体や心、魂、あらゆるレベルで感じたんでしょうね。口で説明しなくても、しっかり怖さを感じてました。

普通の暮らしをする人たちが、一瞬にして「被災者」になり、普段の暮らしを失ってしまった。「無事でよかった!」と大切な人や自分の身の安全を確認して思うと同時に、離れて暮らす仲間や友人から、無事を案じていただき、本当にありがたかったです。

無事って、何も「無」い「事」。普通に暮らしていると、つい「何も無いのって、なんかつまんない」なんて、安易に刺激や新鮮さを求める世界もあるんだけど、実は何も無くてもそれでよくて、何事も無く、いつもどおりに暮らせてることが、「よかった!」って言える程の価値あることなんだなぁって思いました。

被災者の方々の状況に胸を痛めつつ、今もまだ余震が続いていて、つい今も揺れたんですが、少しでも早く揺れがおさまる事、そして、被害が最小限にとどまる事を祈ります。

天使のらくがき

Scan10171m.jpg

作品についてはこちらをどうぞ。http://sprismic.blog92.fc2.com/blog-entry-4.html

テーマ : 絵画
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

nakka

Author:nakka
ご訪問ありがとうございます。

一児の母をしながら、主婦・絵描き・カラーセラピーをしていこうと手探りしながらやってみましたが、心の病気になり、お休みしています。唯一主婦業はペースに気をつけながらやっているところです。

直感的に色を選んで描く色遊びを「天使のらくがき」と名付け、それをウェブ上に載せる目的で始めたブログでしたが、今は、日々の出来事や、思ったり、考えたり、感じたりしたことなどを綴っています。方向性が定まらず、気の向くままなところが「らくがき」みたい、ということで、のんびり続けていけたらと思います。


※ブログ内のメールフォームで頂いた内容につきましては、4~5日中にお返事いたします。万が一返信がない場合は、ブログの記事にコメント(非公開にすることが出来ます)をお願いします。

※ブログ内の文章や作品、データ等を無断で転記・転載・無断使用しないでください。

■英国オーラソーマ社認定 レベル3プラクティショナー
■色彩学校「絵の読み解き認定」2級

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

星が見える名言集100
RSSフィード
QRコード
QR
過去の記事
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。